• instagram
  • facebook

ひと 木工職人

つくり手を訪ねて
カントリーチェア 仲村 旨和・順子

取材日:2014年1月

仲村ご夫婦が営む「カントリーチェア」は、海、山、畑が一望できる場所にあります。
「田舎の椅子」=「素朴なところに来て、気軽に腰掛けて下さい」という気持ちを込めて名付けられました。
旦那さんの旨和さんは以前、丸太を使ってログハウスを建てるログビルダーでした。現在は、木製のカッティングボードを始めとするキッチン道具やちゃぶ台、椅子などを主に制作しています。奥様の順子さんは、独特な存在感のある陶器の小物入れや置物を制作されています。お二人の作品が、仲良く一緒に並べられたお部屋が「カントリーチェア」のお店です。

カントリーチェア 仲村 旨和・順子

ひとつひとつ丁寧に作られた一点もの
桜井神社近くに工房を構えるご夫婦。旦那さんは木製のカッティングボードを始めとする木製のキッチン道具などの木工作品、奥様は独特な存在感のある陶器の小物入れや置物を制作する。ふしぎな世界観をもつ順子さんと少年の心を忘れていない好奇心旺盛な旨和さん。山で出会った2人、定期的に森に行くことで心のスイッチをいれる。

《カントリーチェア》の作品はこちら

以下は、カントリーチェアを訪ねた際のアルバムです。(写真 山下 舞)

旨和さん、順子さんの家づくり・ものづくりへの想いは「糸島おくりもの帖」に掲載しています

カントリーチェア 仲村 旨和・順子

ひとつひとつ丁寧に作られた一点もの
桜井神社近くに工房を構えるご夫婦。旦那さんは木製のカッティングボードを始めとする木製のキッチン道具などの木工作品、奥様は独特な存在感のある陶器の小物入れや置物を制作する。ふしぎな世界観をもつ順子さんと少年の心を忘れていない好奇心旺盛な旨和さん。山で出会った2人、定期的に森に行くことで心のスイッチをいれる。

《カントリーチェア》の作品はこちら