• instagram
  • facebook

ひと 陶芸家

つくり手を訪ねて
やきものやsea 村上みつ子

2014年2月

土に優しく優しく魔法をかけていくようなまなざしの村上みつ子さん。彼女が営む「やきものやsea」。「便利なもの」ではないけれど、暮らしの中で大切なものに気づかせてくれる陶器を作っています。
村上さんのここのきスタッフからの愛称は「シーさん」。海が大好きだからつけたというこの工房名、すっかり定着しています。
名前も佇まいも可愛らしいシーさん。自身の作品も作りながら18年間、陶芸教室の先生としてたくさんの生徒さんに慕われています。
陶芸に出会ったきっかけは、市の福祉施設で職員をしていた時。陶芸の先生を呼んで、子どもたちと陶芸を始めたことでした。

シーさんの主婦ならではのものづくりのお話は「糸島おくりもの帖」で。

やきものやsea 村上みつ子

暮らしの中で、 自然な風合いを気軽に楽しむうつわ
暮らしの中で、気軽に楽しんで使って頂けるうつわ作りに励んでいる。土味を生かしながら、灰から作った釉薬を施して自然な風合いに仕上げている。

《やきものやsea》の作品はこちら

以下は、やきものやSeaを訪ねた際のアルバムです。(写真 山下 舞)

やきものやsea 村上みつ子

暮らしの中で、 自然な風合いを気軽に楽しむうつわ
暮らしの中で、気軽に楽しんで使って頂けるうつわ作りに励んでいる。土味を生かしながら、灰から作った釉薬を施して自然な風合いに仕上げている。

《やきものやsea》の作品はこちら